ハーレーの人気維持には若者の開拓が課題

若者がバイク離れをしているとよく聞きます。実際二輪車ユーザーを割合で言うと、ここ10年で10代20代の若者ユーザーが減って、40代以降のベテランユーザーの割合が多くなっています。バイクを乗るメインであろう30代以下が激減しているようです。自分が若い頃は二輪の免許取りに行ってきたと話してる連中はまわりにゴロゴロいましたが最近はそんな話も出ないんですかね。

baikiu

ユーザーが減っている理由としていわれているのが、やはりお金の問題。お金が無い若者にとってバイクは金がかかりすぎるということでしょうか。原付ならまだしも、単車になれば結構な出費となり、場所によっては駐車代もかかります。

そんな二輪車自体のバイク離れが加速する中、ハーレー・ダビッドソンはブランド戦略で販売を増やし続けているという話を聞きました。大型バイクのハーレーは1台100万以上と車も買えるくらいの非常に高価なものです。どのようにしてそんなバイクを販売しているのでしょうか。

ハーレーはブランド力があり非常に人気のあるバイクです。その魅力を伝えるために、ショッピングモールや音楽イベントなどでもハーレーイベントを開催し、その独特のエンジン振動などを体感できるとのこと。ハーレーの魅力を知ればガッツリとその魅力にはまってしまう人も多いということです。

また積極的に行われているのがツーリングイベントです。たまにハーレーばかりが何十台もまとまって走っているのを見かけたことはないですか?あれはハーレーの正規販売店などが主催しているイベントだったりします。面識のない人たちがハーレーというバイクの繋がりで集まり、ツーリングを含めた寝食を共にすることで、ツーリング仲間やハーレー仲間を増やし、ハーレーの魅力を深く知ることが出来るイベントです。

しかし、ハーレー所有者の平均年齢は42歳とのこと。その年代と言えば、1980年代にバイクに乗って青春時代を過ごした年代です。今後もハーレー人気を衰退させないためにはバイク離れをしていっている若者の開拓が課題ですね。