現時点での情報まとめ

●若い世代がターゲットのスポーティモデル

新開発となるエンジンは749ccと594ccの水冷2気筒。
これまでハーレーの中で一番小さいエンジンはスホーツスターの883ccだったので、
今回のシリーズはさらにコンパクトなモデルとなる。
しかし発表されたスタイルがスポーツスターに近いことや、
水冷エンジンを搭載していることから、
このモデルのスポーツ性能が高さが伺える。
発表された資料によれば、
このモデルを開発するにあたり、
世界中の若いライダーの意見を取り入れたとされており、
ターゲットを若い世代に絞って開発したことは明らかだ。

●気になる値段はどれくらい?

スポーツスターシリーズもハーレーの中では手頃なモデルだったが、
今回のモデルは更にコンパクトで取り回しに優れたモデルとなる。
こうなってくると気になるのは値段だが、
現時点では何も発表されていないので正確な価格は不明である。
しかし普通に考えればスポーツスターより安い価格設定になるのは間違いない。
ビギナーにも手が届きやすい価格で販売されることを期待したい。