月別アーカイブ: 2015年12月

ハーレー・ダビッドソンの変わらぬ魅力

ハーレー・ダビッドソンはアメリカを代表するオートバイメーカーとなっており、
一時はアメリカのオートバイメーカーがハーレー・ダビッドソン1社のみという時期もありました。

ハーレー・ダビッドソン社製オートバイの特徴は、
大排気量空冷OHV・Vツインエンジンが生み出す独特の鼓動感と、
いわゆるアメリカンと呼ばれる外観です。
その為、ハーレーはバイクが持つスピード感や加速感等では無く、
高速道路を長く走りエンジン音や鼓動といったフィーリングを楽しむ乗り物であったことから、
フィーリングが変わってしまう新技術の導入には消極的でした。

しかし、環境保護の声の高まりによってバランサーエンジンの登場や触媒技術の導入によって、
音や鼓動感は過去のモデルと比較すると抑えられています。
それでも、他社製のバイクと比較するとハーレー独自の魅力的なフィーリングは残されており、
環境とのバランスが上手く取られていると思います。

ハーレーは日本のみならず世界中に多くのファンを有しており、
社外品のカスタムパーツが豊富に販売されている点も大きな特徴です。
その中にはコンプリートエンジンを供給する大手メーカーや、
手作りパーツを個人で販売する者までが併存しており、
ハーレー・ダビッドソンが持つ独自の世界観が支えられている点も大きな魅力です。